全日本少年少女武道錬成大会に出場しました!

なぎなた



 

小学校6年生の長女は、なぎなたを始めて今年で2年目。8月5日、日本武道館において、全日本少年少女武道錬成大会に参加しました。

 

今年は明治維新150年の記念の大会で、41回目になります。5日は、なぎなたの部の大会です。

 

長女が所属しているのは、茨城県武道館のなぎなた教室です。

水戸市には、なぎなたの教室が県武道館を含め3つあります。

アトリエK水戸東部館です。

水戸市の3教室を含む、全国から150の団体、1500人を超える小中学生が参加しました。

1500人超えだと、かなりの圧巻。

試合形式は「演技競技」と「試合競技」があり、各部ごとにトーナメント形式で行われます。

 

演技競技では、学年によって型が違います。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

こちらの動画は、長女の演技競技の様子です。

残念ながら、審判5人中1つも旗が上がりませんでした。

仕掛け応じと呼ばれる、演技競技の審査のポイントは

  • 態度、正確度、熟練度で採点
  • 2人の呼吸が合っているか
  • 打突が正確か
  • 体さばきとなぎなたの操作が一致しているか

などが採点されます。

去年よりも落ち着いていたし、ペアの子とも呼吸は合っているし、なぎなたも上手に扱っていたと思っていましたが、相手側の方が評価されました。

まだまだ練習が足りないようです。

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

次にこちらの動画ですが、試合競技の様子です。

防具を付けて、戦います。

防具は重いし、面は視界が狭くなるし、試合に慣れていない長女は、耐えることで精一杯の様子。

スネを攻められっぱなしです。

案の定、負けてしまいましたが、経験値は間違いなく上がりました!

 

日本武道館という、大きな舞台で競技できることは貴重な経験ですし、たくさんの選手の競技を見ることができるので勉強になります。

長女にとっては負けたことは残念ですが、吸収すべきことがたくさんあったはずなので、これからの練習に活かして欲しいと願うばかりです。

 

 

<AD>


コメント